黄色に青の建物
靄がかった小雨の向こうにぽつんとある「黄色に青の建物」。ずいぶんと昔、だから15年以上も前に一度"行かされた"想い出があります。
d0113817_5292357.jpg

今も確かなことは分かりませんが、いわゆる「水難救済会」のボートシェッドと思われ、あそこには「救難艇」が隠され、いざという時にはそれがランプを滑り降りるようにして救助に向かう、そういった性質のところだと思っています。

でも、なんであんなところにあるのだろう、とはじめから疑問に思っていたように記憶しています。船を出すのは容易かもしれませんが、仕舞うのにはちょっと骨が折れそうです。

それなんで、活動を終えた船を元のように格納するためには機械式のウィンチが必要です。そのウィンチをあそこまで頼まれたんで運んで行ったのです。洲にありますから、丘からは搬入できませんので、日本から来たばかりの定置網の本船を使って、でした。

定置網以外のこともいろいろとやってきました。

しかし、今はもう使われていない様子です。











______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2012-04-05 06:39 | 定置網 | Comments(0)
<< 国際動物命名規約 10日振り >>