ノルウェーサバ
困ったことになりました。今年は大好物の"バッテラ"が食べられないかもしれません。
d0113817_6485623.jpg

学名 Scomber scombrus、 英名 Altantic mackerel、 ポルトガル名 Sarda、 和名 タイセイヨウサバ、あるいはノルウェーサバ。

この魚についてのポルトガル水産局からのお達しです。
d0113817_6535097.jpg

3月23日より今年いっぱい、ノルウェーサバが禁漁になるということです。理由は今年のポルトガルのノルウェーサバの漁獲割当量(Quota)が終了したため、となっていますが、3か月もたたない内に、5000トンものQuotaを獲り終えたとは信じ難く、また政治的道具にされてしまった(あるいは、"売ってしまった")のかという疑念がつきまといます。

知っています。一昨年来、北大西洋では自然環境の変異かなんかで、ノルウェーサバの回遊ルートが変化し、従来ノルウェーがノルウェーサバを漁獲していた海域を外れ、もっとアイスランドやファロエ諸島よりになったため、アイスランドとファロエ諸島に対し、乱獲しないように求めている騒動です。
d0113817_17513012.jpg

ノルウェーサバは、EU諸国、ノルウェー、アイスランド、ファロエ諸島にとってとても大切な漁獲対象魚種ですが、今回アイルランドとファロエ諸島がEUとノルウェーの反対を押し切って自国の漁獲量を引き上げたため、「サバ紛争」に発展しているのです。

詳細についてもっと知りたい場合は、WEB上で検索してみてください。ただし、どこにでもある漁業交渉と何ら違いはないと思います。ルールはルールとして尊重すべきですが、こういった場合の常として、弱者が強者のより一層の強大化を嫌うのは理解できますが、強者が弱者のアップスケーリングを嫌うのはどうなのかな、と思ってしまいます。既得権の防衛でしょうか。そこにまた、資源の問題とかを持ちだして、世の中を脅迫しています。

でも、この「サバ紛争」とポルトガルにおけるノルウェーサバの漁期終了との因果関係は今のところ明らかではありません。







______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2012-03-27 05:54 | | Comments(2)
Commented by pckosugi at 2012-03-27 09:12
漁業事情もいろいろあるんですね。また教えてください。
Commented by mobulamobular at 2012-03-28 05:18
pckosugiさんへ。政治家および役人のかけひきですね。もしくはぶつぶつ交換です。
<< 「大航海時代」の終焉 3月の時化 >>