先輩、来る。
歳の差1つですが、先輩は先輩です。とても面倒見のよい先輩です。笑顔が絶えず、まわりの人間を癒します。ひと言で形容すれば、優しいということです。そんな先輩が昨年の震災・人災で、ちょっと気落ちしているのではないかと気がかりでした。その先輩が、多忙の中、ポルトガルまで来てくれました。

ユーラシア大陸最西端、ロカ岬に立つ先輩です。
d0113817_60636.jpg


水族館が大好きな先輩は、アクアワールド茨城県大洗水族館で働いています。今は「イルカ」を担当しています。そんなことで、今回は是非ともポルトガルのイルカが見たいということで、首都リスボンにある1884年創設の"リスボン動物園(Jardim Zoológico de Lisboa)"を訪問しました。ここは動物園としては珍しく1995年よりイルカの飼育を行っています。残念ながらシーズンオフということでイルカ・ショーはお休みの時期でしたが、"奥の手"を利用して特別にイルカ・プールを案内していただきました。
d0113817_6161325.jpg

このころのリスボンの気温は12~13℃ほどで、水温もかなり低いのではないかと思っていましたが、目の前のイルカたちはすこぶる元気にしてました。歓迎のジャンプです。
d0113817_62236100.jpg

まずは先輩流のイルカへの挨拶からです。イルカとのコミュニケーションはピカイチと思われます。
d0113817_626668.jpg

動物園のイルカ担当者とともにスキンシップです。「大西洋のハンドウイルカは太平洋の種に比べ、デカイな 小ぶりだな」が印象だった様子です。
d0113817_6323510.jpg

そんなはずはないのですが、人間的には、この眼は「また来てよ」に思えてなりませんでした。

先輩も是非またポルトガルを訪問して見てください。お疲れ様でした。







______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2012-01-31 06:51 | ポルトガル文化 | Comments(2)
Commented by Autumn darter at 2012-02-03 09:22 x
恩師&先輩、楽しんだようですねえ。私も行きたかったのですが、なかなかポルトガルは遠い。
しかし、良い写真ばかりじゃないか。そのうち、こういうところで船上生活者になってみたいものです。
Commented by mobulamobular at 2012-02-04 05:14
Autumn darter さんへ。「ポルトガルは遠い」って、距離ですか?文化や人の考え方の違いを考えれば、もっと遠くてもよいと思っています。24時間ほどの旅で、こうも周囲の状況が変わってしまう現実に未だついていけません。船上生活、やっている人、多いですよ。ぜひ訪れて見てください。
<< 冬のさそり座 スペイン国境のバリケン >>