♪♪ Is Santa Claus Coming to Town ?
クリスマス、近し。年末、近し。なんといってもこの時期の一番の関心事。さて、今年も"うまく"終われるでしょうか。

となりんちの屋上に何やら奇妙な物体が干されているという情報をゲットし、見に行ったところのワンシーンです。
d0113817_720598.jpg

なんだか、たくさんの"サル"がぶら下がっているようにも見えますが、違います。これは、あれです。クリスマスのご馳走、LITÃO(リタォゥン)の干しもの作りのようです。
d0113817_7265948.jpg

でも、ちょっと待ってください。「模様」が違うようです。ひょっとしてこれはLEITÃO(レイタゥン)かもしれません。
d0113817_23165796.jpg

2日後、ずいぶんと干し上がってきたようです。"トラザメ"と"ヤモリザメ"、どっちが美味しいでしょうか。

さて。クリスマスといえば、ちょっと気になる今年のイルミネーションですが、経済危機のあおりを受けてポルトガル各地方では相次いで経費削減によるイルミネーションのとりやめ、あるいは規模縮小が話題となっています。首都のリスボンでは昨年70万ユーロ(約7000万円)だったイルミネーション経費を今年は15万ユーロまで削ると発表していますし、地元Olhãoでは6万ユーロだったものを半分の3万ユーロに減らすそうです。その他、悲しいかな、とりやめるところも多いようで、今年は「街にサンタはやって来るのでしょうか?」。
[PR]
by mobulamobular | 2011-11-27 01:55 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< Spiny dogfish シャッポをぬぐ >>