明けても暮れても
魚はサバ(Scomber japonicus)です。ふつう魚は海から丘へと向けて運ばれ水揚げされますが、この「サバ」は反対です。丘から海へと運ばれていきます。それもたくさん、それも毎日、です。
d0113817_5332986.jpg

はじめのうちは、こういう作業も面白くてなんてことないのですが、そのうち、その量の多さと、回数の多さに驚かされ、だんだんと単なる肉体労働であることに気づき、イヤになってくるようです。
d0113817_5353361.jpg

朝も午後もこの作業の繰り返しです。でも、なんとか早く、一日でも早く肥ってもらいたいので、総力戦で頑張っています。
d0113817_536971.jpg

これ、アイツらの餌ですが、平均するとおおよそ1か月に自分の体重以上の量を食います。人間がどのくらいの量の食べ物を1か月に消費しているのか知りませんが、たぶん、べらぼうに多いのではと思います。

ということで、最近明るい話題がありません。









______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2011-07-22 05:57 | | Comments(8)
Commented by obakappu at 2011-07-26 11:21
ここで陸から海に運ばれていると言うことは食うのはスペインのマグロじゃなくてコルビナですか?(あれ?活サバがえさだっけ??)
養殖って、資源的にはとても無駄遣いなんでしょうけれど、嗜好と単価を考えるとそうなっちゃうんでしょうかね。
Commented by mobulamobular at 2011-07-27 23:54
ぷーままさんへ。アルガルベ定置網のマグロ用の餌です。サバは一度、港に持ち帰り、選別された後、再び沖に餌として運ばれます。「養殖」には、一般の人たちには見えにくい部分が多くあるのは事実と思います。
Commented by obakappu at 2011-07-29 10:42
えーと、頭が悪い質問ですみませんが、
定置網にマグロが入るように餌を仕掛けるのですか???
Commented by mobulamobular at 2011-08-22 05:42
ぷーままさんへ。アルガルベ定置網でもマグロの畜養を行っています。その餌となるサバです。
Commented by kimiyasu-k at 2011-08-22 06:44
国民1人・1年当たり供給純食料 というのを参考に、計算したら、日本のヒトの餌は39.6kg/月 となりました。閑ですね!chie
Commented by obakappu at 2011-08-22 11:27
なるほどー。
マグロの入っている網が沖合いにあるのですね。(畜養と言う言葉を初めて聞きました。)
Commented by mobulamobular at 2011-08-24 07:10
chieさんへ。そうですか。日本人の平均体重がどのくらいか知りませんが、おおよそ半分といったところでしょうか。それでも多いですね。
Commented by mobulamobular at 2011-08-24 07:17
ぷーままさんへ。ご理解に感謝します。広義に解釈すれば養殖となります。
<< ウバザメ 無駄 >>