トリガーな奴
最近、「トリガー・インシデント」なる言葉を目にしました。なにやら米国外交の伝統的な手法で、ある事件を自ら仕掛けて、それを機に物事を変えていこうとするやり方だそうです。つまりは、「ワザと」というやつです。ということは、今まで米国がらみでいろいろな世界中お騒がせインシデントがありましたが、それらすべてがワザとかよ、と疑いたくなりますが、そんなことはないでしょう。そう願います。

さて、魚の話です。「豚魚」という奴がいます。これです。
d0113817_5275350.jpg

学名 Balistes capriscus、 英名 Grey triggerfish、 ポルトガル名 Peixe Porco、 和名 ネズミモンガラ です。
とてもポピュラーな魚で、美味です。「カワハギ」の仲間になりますので、カワハギ同様、慣れるとスッと体皮をきれいにむくことができます。はぎとられた皮が干されているのを、よく見ます。何に使うかは不明ですが、日本では"疑似餌"として使っていたのを憶えています。身の骨離れもよく、さっぱり味。骨の苦手な子供にはうってつけです。
d0113817_5463890.jpg

体表はふつうの鱗とは異なった「かたいウロコ」で覆われています。ですから、この魚をつかんでも、手がウロコだらけになるようなことはありません。どちらかというと、「サメ肌」みたいです。そういえば、「ヤスリ」代わりに使われていたかも、です。
d0113817_5595218.jpg

あいにく、この個体は"Trigger"の先が折れてしまっていて、しゃんとしていませんが、通常、この種は第1背鰭が3棘から成り、それらがピンと立っています。なんだったら、豚魚の写真を参照ください。面白いのが、この第1棘。魚をさばくのに、尖っていて危ないからと、それを倒そうと思っても、それは倒れません。思いっきり全体重をかけても倒れません。この場合は体重にもよりますが、折れるだけです。ですが、先に小さな第3棘を倒すと、第1、2棘も簡単に倒れるのです。

仕掛けがある訳です。なんか危ない奴。ほうっておくと事故や事件をおこしそうな奴。そんなのが「トリガーな奴」です。たとえば今の日本でどんな理由かは知りませんが、まだ原発を継続して運転させようとしている奴、もしくは容認している奴らは、確実に「トリガーな奴」だと思います。周りにいませんか、そんな奴。自分自身も含めてあらためて考えてみたいものです。













______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2011-06-30 04:26 | | Comments(0)
<< 2011年7月 リスボンへ >>