4月の時化
今年の4月は暖かい。だからでしょうか。時化が多い。これまでのところ、すでに10日の時化を記録しています。先週1週間は比較的よい海況が続きました。その機を逃さず、なんとか網入れ作業を終え、操業を再開しています。4月はシーズン開幕の時期。野球でいえばオープン戦終盤で今シーズンの行方を占う重要な時期です。1996年以降、2000年と2003年に各7日の時化を記録していましたが、それ以外の年では平均で3~4日ほどでした。それが昨年(2010年)は11日の時化があり、ずいぶんと荒れた4月であった印象でしたが、今年はそれ以上になること、確実です。
d0113817_558479.jpg

初起こしの結果です。量的にはまずまずでしたが、なんとなくもの足りなく感じます。昨年のものと比べて見ますと、一目瞭然です。「赤い魚」がいません。これが何を意味するのか、それは不明です。しかし、「赤い魚」は底層の魚です。ということは、"海の底の状態が昨年とは異なっている"のではないか、とまず推測します。
d0113817_614883.jpg

今日は4日続いた時化後の操業となりました。まだ波の高い中、出漁し、無事戻ってきました。今週末がイースターホリデーとなることと、他船がほとんど出漁しなかったため、サバがとてもよい価格でセリ落とされていました。
d0113817_6344118.jpg

ハガツオに混じってスマも入っていました。

とにかく、始まりました。











______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2011-04-21 06:45 | 定置網 | Comments(0)
<< 190日目の報告 フィンランド - Finlan... >>