年末の天気
"FIM" ですが、今こうしてだらだらしている時も、沖では定置網の側張りだけがひとり波の攻撃に耐え忍んでいます。

定置網の漁師らは年末年始の多忙な日々を過ごしていることでしょう。

また、時化模様です。午後から東よりの風が次第に強くなり、すでに家の外では波の打ちよせる音が聞こえ始めています。また、明日から雨っぽいです。雨は大晦日まで続きそうです。

今年もどっぷり暮れていきます。
d0113817_781542.jpg


でも、この写真は日の出前の朝やけのシーンです。今年撮った"お気に入り"の写真の1枚で、今もデスクトップの背景として設定しています。


いつも見ている"YAHOO"のWeather News で面白い記事を見つけました。
d0113817_7231298.jpg

米国・ペンシルバニア州のガバナーが、「中国人の方がよりうまく雪を扱うぞ、と言った」という見出しです。これはよくあるチャイニーズ・バッシングの記事ではありません。むしろ、その逆です。
正直言って、この米国人、面白いです。こういう米国人がまだいた、ということにちょっと安堵感さえ覚えます。豪雪による被害が続く米国東部ですが、今週末もさらにブリザードが予想されるため、すでに疲弊しきった国民に対し、「喝」を入れたといったところです。その喩えとして「中国人は雪なんぞには負けはしないぞ」みたいなことを言ったのです。面白いのはその後です。

"We've become a nation of wussies. The Chinese are kicking our butts in everything"

まず。"wussies" ってなんだ。米国民がどうなっちゃうって。初めて見る単語です。研究社の辞書を引くと"wuss=泣き虫、弱虫"とはありましたが、"wussies"はありません。きっと"wussy"という単語の複数形であろうと思われますが、これも辞書には出ていませんでした。"wuss"では何か足りないはずです。そこで、30年ほど前から使っている愛用の英英辞書"American Heritage"を引いてみます。やはり出ていません。たぶん新しい言葉なのでしょう。そして、インターネット検索。The Free Dictionary等にありました。やはり、です。"wussy"に似たなんか卑猥な単語があったような気がしたのですが、想い出せず、でした。それと"wuss"をかけた造語ですね。この米国人がそういうつもりなら、次の"butts"は「ケツ」ということになります。なのですが、後半は「中国人にはやられっぱなしだ」といった意味になります。

で、何がこの米国人をここまで熱くさせているかと言うと、やはり、「フットボール」でした。米国ですので、これは「サッカー」のことではなく、「アメリカン・フットボール」のことでしょう。地元フィラデルフィア・イーグルスとミネソタ・バイキングスとの日曜日に予定されていた試合が豪雪予報で延期になったことに、腹を立てていたのでした。



雨は大晦日まで続きそうですが、元旦は「快晴」となりそうです。ポルトガルではこういった天気を " Bonança" と呼んでいます。









______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-12-29 08:14 | 定置網 | Comments(2)
Commented by obakappu at 2010-12-29 21:41
ほんとうに良い写真。
素適です。
Commented by mobulamobular at 2010-12-30 03:59
ぷーままさんへ。ありがとうございます。いい加減な天気予報ですが、2011年、快晴の日は必ず来ます。
<< 散歩から Nanny state >>