「魔女」と呼ばれる魚
Halloween(ハロウィン)にちなんでこの魚を選んだのではありません。どういう訳か、ポルトガル人はこの魚のことを「魔女」と呼んでいます。
d0113817_522732.jpg

このブログにおいて、ひさびさの"新種"です。もちろん、アルガルベ定置網に入ったものです。
学名 Phrynorhombus regius、 英名 Eckström's topknot、 ポルトガル名 Bruxa(魔女)、 和名 ありません。
上記学名はFishBase他では"Zeugopterus regius"となっている場合がありますが、ここでは"Fishes of the North-Eastern Atlantic
and the Mediterranean"に記載されているとおりとしました。

どこが「魔女」なのでしょうか。
d0113817_440481.jpg

そして、英名も不思議です。"Eckström"とは人名か。スウェーデン人あたりでしょうか。で、この人の"topknot"。トップノット、って何。「チョンマゲ」か。相撲に詳しくはないので知りませんが、スウェーデン人でエクストロームという名の力士はいたのか。
そんな訳はありませんね。「髪飾り」的な意味なのではないでしょうか。何れにせよ、不明です。
d0113817_449164.jpg

20cmほどの大きさになるそうですが、一般的には12~13cmほどだそうです。これも全長12.5cmでした。体の割りにはウロコがデカイのが印象的でした。よーく見ると、けっこう鮮やかな色合いの持ち主です。
d0113817_516517.jpg

いろいろと謎めいた種でしたが、ひょっとしてこの「謎」が「魔女」という名の由縁でしょうか。

"ブルッシャ"でした。










______________________________________________________________ 
[PR]
by mobulamobular | 2010-10-09 05:24 | | Comments(0)
<< ウナギ 護岸 >>