サンマ
「秋の味覚」といえば、ナス、ナシ、そしてサンマ。これ、こちらのサンマです。でもちょっと日本の種とは異なります。以前にも1度使用した写真です。
d0113817_23355548.jpg

学名 Scomberesox saurus saurus、 英名 Altanlic saury、 ポルトガル名 Agulhão、 和名 ニシサンマ、です。
ダツと同様に、上下の顎が前方につき出しています。しかし、ダツのように顎に鋭い歯はありません。

サンマもダツも同じダツ目(Beloniformes)の魚です。その他にもサヨリ、トビウオなどがこれらの仲間です。なんとなく、みんな、独特な「青光り」をした魚であることが分かります。
d0113817_23544167.jpg

アルガルベ定置網に入ったサンマとダツです。似たような魚ですので、サイズが同程度になると識別するのがちょっと難しくなります。このサンマが定置網に入るのは春から夏にかけてが多いと記憶しています。残念ながら、サイズがやや小さいことと、脂の乗りが今ひとつであることから、味の方はやはり日本の「秋の味覚」にはかないませんが、工夫次第では美味しくいただけます。

トビウオ(Cheilopogon pinnatibarbatus pinnatibarbatus)は、顎が突き出してはおらず胸鰭が大きく発達していることなどから容易に識別できます。
d0113817_0381993.jpg

もう1種、サヨリですが、今までアルガルベ定置網に入った記憶はありません。日本のサヨリ(Hyporhamphus sajori)の同属には40種類ほどが存在するのですが、その大半が太平洋やインド洋に生息している種です。北東大西洋のここで、ひょっとして定置網に入る可能性がある種といえば"Hyporhamphus picarti "(英名 African halfbeak)かな、とも思いますが、さてどうでしょうか。

d0113817_0583996.jpg

うっすらと透明感漂うサヨリの刺身、食べたいですね。これからが旬ですよね。旨いだろうな。










______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-10-03 06:39 | | Comments(4)
Commented by リモ子 at 2010-10-04 06:35 x
へえーー!種類が違うとはいえサンマも獲れるなんて知らなかったです!尾鰭の模様が独特ですね。勉強になりました。
Commented by mobulamobular at 2010-10-05 05:53
リモ子さんへ。サンマの塩焼きの味は格別ですが、あの煙と匂いもいいですよね。こんどサンマが入ったら、焼いてみます。
Commented by obakappu at 2010-10-07 02:04
サヨリもおいしいですが、刺身にする手間を考えると、私的にはとびうおの刺身をとりたいです。とびうおの刺身、大好物ですから。
マリネにしてもおいしいし、大好きですよ。

ところで、とびうおって、鮮度がわかりにくい魚だなあといつも思っています。これは古くて失敗、というのに当たったこともないのですが、もともと硬いし、アジとかと比べて目もわかりにくい様に思います。
良い見分け方はありますか??
Commented by mobulamobular at 2010-10-07 06:44
ぷーままさんへ。トビウオの鮮度、ですか。すみません。知りません。身が硬い、のであれば大丈夫ではないでしょうか。ちょっと高飛車なもの言いをさせていただければ、獲ってから何日目かのトビウオをここでは見たことがありません。日本もトレーサビリティ制度の導入が必要では。
<< 護岸 砂の造形 >>