Ria Formosa の位置
「ユーラシア大陸果ての定置網」の位置の続編です。これは「海図」です。
d0113817_684881.jpg

① Faro空港(Aeroporto de Faro)
② Olhão
③ ユーラシア大陸果ての定置網(アルガルベ定置網)
④ スペイン

ピンク〇がRia Formosa、緑の所が湿地帯(ラグーン)となっています。










______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-08-22 06:41 | 定置網 | Comments(3)
Commented by obakappu at 2010-08-24 22:50
大きく見せていただいてありがとうございます。

広いラグーンなんですね。中は汽水ですか??海図の緑色とかはなにを表しているんでしょう。浅いところですか???

 
Commented by mobulamobular at 2010-08-25 05:57
ぷーままさんへ。海図の緑色とかは「底質」を表しています。で、その下の白くなっているところはN/Aです。たしか緑色のところは「泥」、黄色は「砂」、オレンジ色は「小石混じりの砂」、グレーは「岩」だったと思います。
Commented by mobulamobular at 2010-08-25 06:03
ぷーままさんへ。書き忘れましたが、ラグーン内の塩分濃度は35~6‰ほどですので、汽水ではなく、海水です。どちらかというと「濃い」です。潮の満ち引きでラグーン内の水はけっこう早く流れます。川の流れのように。
<< ソウダガツオ - さぁ、どっち。 La Niña >>