巻き網船
6月となり、気温も上がり、イワシの美味しい時期がやってきました。皆さん、毎日、巻き網船の帰りを、今や遅しと待っています。
d0113817_6351581.jpg

獲れました。まずまずの漁模様です。
d0113817_639738.jpg

申し訳程度に、魚の上に氷がかかっていますが、漁場はすぐ目の前、鮮度には問題ありません。ウロコ付きです。ウロコが夏の陽を浴び、ぎらぎら光っています。
d0113817_6413171.jpg

学名 Sardina pilchardus、 英名 European pilchard、 ポルトガル名 Sardinha、 和名 ヨーロッパマイワシ です。
d0113817_659363.jpg

書き入れ時を前に、巻き網船漁師たちの網の準備にも自然と熱が入ります。
d0113817_745341.jpg

昨年6月の新聞記事です。
夏には各所でキリスト教関連のお祭りが催されます。そのな時の必需品がイワシです。夏の夜に、路地にくりだし、近所の皆んなが集まってイワシを焼いて食べます。昨年はイワシの不漁もあって、値段が普段の10倍にも跳ね上がりました。なんと、イワシ1尾が1.5ユーロ(おおよそ200円)でした。一人、平気で10尾以上たいらげるのが普通ですから、この金額は人々にとっては大変なことです。

今年はそんなことにならないように、皆んなでイワシの大漁を祈願しています。












______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-06-03 04:35 | | Comments(0)
<< 販売禁止 Burocracia >>