"欧州議会、クロマグロとホッキョクグマの取引禁止を支持"
ヨーロッパ議会(EP: the European Parliament)の2月10日付、プレス・リリースです。
d0113817_6295322.jpg

なんとなく方向性が見えてきたように思います。






こういったプレス・リリースの類でさえ、ヨーロッパを1つにまとめる難しさが見え隠れします。
このプレス・リリースは22の言語で発行されています(EUの公用語は23言語なのですが、EPではアイルランド語が除かれ、22言語となっています) 。本来ですと言語の違いはあるものの、内容については統一されていて然るべきと考えますが、実際はその内容も異なります。どういうことかというと、この記事を読む国々の人々によって異なった内容が理解される訳です。これで、どうやって域内のコンセンサスを得られるのか不思議なところです。しかもいくつかの言語での記事を見比べてみましたが、なんとなくその国・地域において都合のよい内容になっているような点もあります。つまり、未だ内容については「玉虫色」の状態で、「決定」には至っていないことを窺わせます。
[PR]
by mobulamobular | 2010-02-20 07:09 | マグロ | Comments(0)
<< アンカー オーバーホール (5) >>