5€のチケット
昨年暮れに20歳そこそこの若い漁師からキャプテン(漁労長)のところに急の電話があったそうです。
「ロンドンに行くのだが、問題はないか」といったような内容だったそうです。今は皆が休暇中でプライベートな時間に何をしようがこちらの関知するところではないのですが、とりあえずの連絡と断りを入れたかったのだと思います。聞いたキャプテンも通常の漁師の行動様式とは異なる内容に、一応「おぅ」と返答はしたのですが、ずいぶんと羽振りのよい話だな、と思ったようです。なぞ解きはこんなところにありました。
d0113817_18255849.jpg

今話題のライアン・エアです。アイルランドの格安航空会社です。なんとファロ-ロンドンが片道たった5ユーロ(約650円)だそうです。この航空会社は破格の安チケットの他にいろいろなユニークな企画が話題となっています。どこかの倒れかけてる航空会社とは大違いに元気です。中には客室乗務員による水着でのチャリティー・カレンダーなどがありますが、ウチの若い漁師はまさかそれを見て実際のキャビンアテンダントが水着姿で仕事をしていると勘違いしたのではないか、とか一瞬脳裏にうかびました。
d0113817_1945586.jpg

何れにせよ、見聞を広めることはよいことです。若い子たちにはなおさらです。












______________________________________________________________
[PR]
by mobulamobular | 2010-01-10 20:45 | 定置網 | Comments(4)
Commented by kimiyasu-k at 2010-01-12 06:30
Ryanairの格安航空券は、EURO ショック以来 私にとって経済的に唯一の明るい話題だと思ます。3月からMILANO-FARO便が始まるようです!やったー!無駄が全く無い経営の態度はちょっと息苦しい感じもするけど、余分なお世話をしてもらうよりは・・・(客室乗務員は男性とオバサンがほとんどです。)元従業員が無料で飛行機に乗れる!などという不思議な制度は・・・勿論無いと思います。 何れにせよ、見聞を広めるのは 若くなくても!まァよいことですよね。  ところで天候不順 大丈夫ですか?chie
Commented by mobulamobular at 2010-01-13 22:39
chieさんへ。かれこれ1ヶ月くらい、低温、多雨の異常気象が続いていますのでちょっとうんざりですが、北欧のように深刻な被害にはなっていません。そちらは「雪」ですか?
Commented by kimiyasu-k at 2010-01-16 05:59
先日ニュースでSevillaの雪景色を見て驚いたのですが、160kmも離れてますよね(笑)  この辺、アルプスの弧と湖(蓄熱層)のおかげで、北極の寒気の影響はあまり受けないのですが、問題はこの暗い空と湖の色です。ちょっとメゲてしまいます。  "Paciência!" chie
Commented by mobulamobular at 2010-01-21 00:31
chieさんへ。 Sevillaの雪は驚きですね。あそこは夏の暑さにも閉口しますが、同じ地中海性気候でも内陸型で寒暖の差が激しいです。"Quando o inverno chegar, já se pode ver a primaveira?
<< 12月の雨 刺し網漁 >>