山火事
アルガルベでは6月の中旬に少々のお湿りがあった以降、連日の晴天でそこらじゅうがカラカラの状態になっています。
こうなってくると思いだされるのが何年か前にあった大規模な山火事です。今回も「またか」と思いました。
d0113817_032064.jpg

ポルトガル語では"Incêndio"と言います。夏の午後特有の強い南西風にあおられ、さらに勢いを増すかに見えた先日の山火事は、幸いにも前回の教訓が見事に生かされ、大規模であったにもかかわらず、初期の迅速な消火活動が功を奏し、一昼夜のうちに見事に消し止められました。
「やればできるじゃん。」といったところです。
[PR]
by mobulamobular | 2009-08-10 00:59 | ポルトガル文化 | Comments(0)
<< "<クロマグロ>国際... ムロアジ >>