Boops boops
ここの定置網付近で一番多く生息していると思われる魚と言えば、この種です。しかし、商業的価値はほとんどなく、地元小型巻き網でもイワシ、サバ等と混獲され市場に出ることもありますが、値がつく保証はありません。
d0113817_2355266.jpg

学名 Boops boops、 英名 Bogue、 ポルトガル名 Boga、 和名 ありません。
しかし、それでもタイ科(Sparidae)の魚です。定置網では前述のとおり、その内と外で水面下に時にあふれかえるほどの数を見ることができますが、漁獲はありません。性格が素早しっこいので、箱網に入ってもすべて網の目から外に出て行ってしまいます。
d0113817_2384639.jpg

見た目にもこれといった特徴もなく、水族館方面から声がかかることもありません。何でも食べる(omnivorous)本種は、よく潮の早い時などは定置網の"潮下"側で流されてくるものを盛んに捕食していることがありますが、ひょっとしたらこのせいで、ここの定置網にはムラサキイガイなどの付着生物が少ないのかもしれません。
目立ちはしませんが、必ずきっと何かの役に立っているのだと思います。
[PR]
by mobulamobular | 2009-08-14 01:33 | | Comments(0)
<< フランス・アジ "<クロマグロ>国際... >>