クロマグロ 2009
おおよそ1年前になりますが、クロマグロの記事を投稿しました。あれから今日まで地中海を中心とするクロマグロ事情はがらりと変わったように思われます。理由はふたつ。昨今の「経済危機」とICCATによる「漁獲割当量(Quota)の削減」です。
d0113817_2243298.jpg

まずは前者ですが、経済危機により今まで見えにくかったいろいろな問題が露呈してきたと思います。これもちょうど昨年の今頃、「将来、品薄でマグロが食べれなくなるのではないか」という新聞テレビ等の報道をよく目にした記憶がありますが、一年後の現在の個人的な見解としては、需要の減少により必然的にマグロは余っている状況だと思います。前述のとおり()、蓄養マグロではそれでも後がつかえているので無理して出荷しようとして質を落としている結果となっているように見えます。次に後者ですが新たな漁獲については割当量の削減により、漁を見合わせたり、すでにイケス内にいるものを逃がしたりするところもあるようです。しかし、これについても今の経済状況が大いに影響していると思います。

こう景気が悪い方に向いていると、本来の目的である「マグロ類の資源を最大の持続的漁獲を可能にする水準に維持するための漁獲量削減」などという大義名分はどこかへ行ってしまい、理由はとてもシンプルに「売れないから」もしくは「ペイしないので」漁獲量を減らす方向に自ずと動いている様子です。

やはり、獲る側、売る側のみならず、もう少し「買う側」あるいは「地中海マグロを輸入する側」の規制を強化すれば、今のような現場での混乱は避けられるのではないかと思います。
この点、日本人の責任は重大です。
[PR]
by mobulamobular | 2009-07-25 12:51 | マグロ | Comments(0)
<< ムロアジ Hmmm... >>