投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!
土曜市
夜明け前から、準備に追われていました。



クリスマス前の最後の市でした。
































■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-12-21 09:06 | ポルトガル文化 | Trackback | Comments(0)
プレゼント
あと1件を残すのみで、今年もなんとかおさまりそうです。

一方、20年以上にわたって付き合いのある知人の奥さんの今年の"作品"がコレです。



油絵12号の大作です。

こういう"真心の扱い"には、数日、時には数週間の時間を要することになります。



















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-12-20 06:00 | ポルトガル文化 | Trackback | Comments(0)
告げ口
似たような話を聞いた後、あるブログ記事で、日本人の「告げ口」の実態を確信するに至りました。それらの情報によりますと、日本人は海外旅行中の滞在先では、何を聞いてもニコニコと満足していることを告げるくせに、帰国後、利用した旅行代理店に文句を言うそうです。理由は、今後同じところを利用する人たちのためで、意を決しての言動だそうです。

これは、"言葉の問題"なのかもしれませんが、何れにせよ、「告げ口」は、よくありませんし、卑怯です。気に入らないところがあれば、その場で、正々堂々と、文句を言いましょう。

そば屋のそばが不味ければ、そのそば屋に文句を言うのが当たり前の話で、近所で、あのそば屋のそばは不味いなどと噂を流すような、そういう気持ちの悪いことはしない方がよいと思います。

それとも、海外は、特別なんでしょうか。



フランスのホテルでは、日本人がニコニコしていても心の中は違うのですよと従業員を指導しているそうです。

バレバレです。




















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-12-19 04:49 | 戯言 | Trackback | Comments(0)
テンポ
時間についての概念が異なるところでの価値観の共有は難しいと思います。このことは、人間関係においても同様です。特に、ポルトガルをはじめ、いわゆるラテン系諸国においては、その傾向が顕著なのではないでしょうか。一方、これもひとつの特性と割りきれない点が、生来的に日本人にはあるようで、より問題を難儀にしていると思います。

そんな「テンポ」の違いを克服するには、その場所や相手を享受することです。あるいは、許容することです。



しかし、実際は、そんなことは人から言われなくたって分かっていることなのですが、どうしたって無理なのです。


日本人には認められなかった船も、毎日見ていると、だんだんと美しく見えてくるものです。未だ、乗ってみようかなという気にはなれませんが、その内に、という気にはなっています。あとは、こっちの寿命の問題です。



















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-12-18 03:44 | 戯言 | Trackback | Comments(0)
ワンズ・アイズ 20
暗闇からの"視線"、だと思いました。



船のトモの新たにペイントされた箇所でした。





















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-12-17 05:28 | ワンズ・アイズ | Trackback | Comments(0)
礼は庶民には下らず
河岸の船揚場で、ひっくり返されたトリコロールの船の上に、何気なく置かれた"ロープのようなもの"、です。



ロープに"スレ網"という日本式定置網の独特の加工が施されていることから、ここらでは、この所有者が誰であるかすぐに見当がつきます。しかし、ふつうでは、こんなところにある筈がないので、なぜ、これがここにあるのかも、大方、想像することができます。

しかし、こういうことは、一般的にはやってはいけないことで、礼儀として抑制できない場合は、罰則を与えてコントロールする、ということです。

こういう考え方ですので、訳の分からない法律が、たくさん出来るのかもしれません。















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-12-16 04:28 | 戯言 | Trackback | Comments(0)
12月14日
"早いですね"。 今年も残すところ、あと17日です。週末は、半月ぶりの雨で、沖は時化となりました。





そして、今日は、日本で衆議院選挙がありました。沖縄では基地問題の移設案に反対の候補者が全員当選したそうです。でも敗れた対抗馬も全員、比例で復活当選だとかで、これでは"選挙結果"が何なのか分かりません。でも、日本の"Xデー"は、意外と早いかもしれません。そんな感想を持ちました。

















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-12-15 03:29 | 気象 | Trackback | Comments(0)
ひさびさに、大きくて、きれいな「月暈」を見ました。で、撮った写真を以前のものと比べてみると、驚いたことにそっくりでした。



それもそのはず、「暈」というのは、日暈も月暈も、いつも"半径約22度の円形"、だそうです。しかし、です。"半径約22度の円形"、ということは"直径約44度の円形"ということではないでしょうか。そこで、ちょっと考えます。2枚の月暈の写真は、カメラこそ違いますが、何れも35mm版換算で焦点距離28mmのカメラ(レンズ)で撮影したものです。確か、28mmの画角は約75度と記憶していたのですが、撮った月暈は写真のフレームいっぱいいっぱいで、"どうにかおさまった"感じなのです。でも、44度でしょうか。75度の筈ですから、コレはひょっとして、内暈ではなくて、半径約46度の外暈か。

いいえ。いまさらながら、画角75度というのは、対角線画角であることを気づきました。つまり、垂直画角では、46度ほどになりますので、ぴったりなのでした。

いやぁ、ひさびさに頭を使った感じです。




















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-12-14 03:16 | 気象 | Trackback | Comments(0)
Até já
今日が、今シーズン、最終日でした。



じゃ、また。 = Até já (アテ・ジャ) !!
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-12-13 02:16 | 定置網 | Trackback | Comments(0)
バッテリー
まぁ、何でも一人でやるのはたいへんですから、少なくとも二人一組でやるようにしています。

定置網船の「バッテリー」交換作業です。エンジンは軽油で動きますが、それでも始動には電気が必要です。そんなためのバッテリーが3組6個もあります。今回のバッテリーは"発電機"を動かすためのものです。



つまり、"バッテリーのバッテリーをバッテリーを組んで作業している"、ということになります。

「バッテリー」は、ややこしいです。



















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-12-12 04:32 | 定置網船 | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >