何かが呼んでいませんか
沖縄・辺野古の海の埋め立てが始まるそうです。


d0113817_03530763.jpg



これは何人かのグループの人間が決めたことで、それが"社会の決まり"だからやることになるのでしょうが、ここだけではないのも分かりますが、何かを感じることはないのでしょうか。

理屈ではなく、心の中から、身体の内部から、善悪とかでもなくて、観のようなもので、コレはいけないと何かに呼ばれないのでしょうか。


















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-25 04:43 | 戯言 | Comments(0)
彩雲
本当のところ、どうだか分かりません。

英名 Iridescent Clouds、  ポルトガル名 Nuvem iridescente。

d0113817_22525423.jpg


とにかく、ツイています。

















m.
[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-24 01:32 | 気象 | Comments(0)
4月22日の時化
どうやら、おさまってくれそうな雰囲気です。


d0113817_02063401.jpg


今日は休みました。明日、日曜日に出港します。






















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-23 02:22 | 気象 | Comments(0)
4月21日の大時化
昨晩は凄かったです。さすがに"屋根瓦"は飛びませんでしたが、小枝が折れ、前傾姿勢でも倒れませんでした。


d0113817_02305893.jpg



沖はグチャグチャな状態です。

苦しい時の神頼み、です。





















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-22 02:36 | 気象 | Comments(2)
4月20日の大時化
"台風並み"の強風が吹いています。しかし、特に大きな低気圧が接近している訳ではありません。アソレス高気圧とアイスランド低気圧の位置が入れ替わっているようで、北方にある高気圧の南縁で、強い東よりの風が吹いています。

d0113817_02541415.png


これって、どうしようもありませんが、もうすぐ風は、”小枝が折れ、風に向かって歩けない”ほどにまで強まりそうです。ちなみに、天気は晴れ/薄曇りです。何れにせよ、パターンは違いますが、今年もまた、って感じです。





















m.






その後現地時間22時
[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-21 06:21 | 気象 | Comments(0)
どうやらこれで今週は終わったような
また、南東風による時化となっています。今後数日間続きそうな雰囲気です。

今朝、ふつうの漁師は、早々に漁をあきらめ、舵を港へ向けました。一方、定置網はサバを中心に8トンほどの漁でした。


d0113817_03084285.jpg


水温はグイグイ上昇し、この時期としては高めの18.5℃です。しかし、このまま夏に向けて一気に上がるはずはなく、どこかでガクッと下がることでしょう。5月の心配のタネとなりそうです。

こういった予想は、口に出すとハズれるので、言っておきます。これも過去の経験から得た"知恵"です。

















m.




[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-20 03:35 | 気象 | Comments(0)
現地がえる
面白い言葉を目にしました。たぶん、"寝返る"をもじったものと思われますが、つまり"味方を裏切って相手方につく"という意味が込められているような気がします。

「よく、海外に出ると、"現地がえる"人がいます。しかし、それはいけない。現地の習慣に流されることなく、日本人として、言うべきことは言い、主張すべきことは主張すべきだ。…」


d0113817_06304595.jpg



そんなつまらない人間にだけはならないようにしたいです。





















m.


[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-19 02:48 | 戯言 | Comments(2)
イースター・マンデー
ポルトガルは休みではありません。ふつうの月曜日になります。よって今日から仕事再開しました。


d0113817_05403011.jpg


"波瀾"を期待しているわけではありませんが、そのくらい無いと、前には進まないかもしれません。一応、未だ"前進派"です。






















m.


[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-18 02:11 | ポルトガル文化 | Comments(0)
イースター・サンデー
卵は、生命・豊さ・復活のシンボルだそうです。


d0113817_21000638.jpg


今回、鶏ではなく、鴨になります。























m.

[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-17 05:09 | ポルトガル文化 | Comments(0)
イースター・サタデー
Páscoa前の土曜日で、つまり"ふつうの日"です。今朝の河岸は、早くから出港する地元漁船で活気がありました。

d0113817_2345539.jpg



"ふつうの漁師"でない定置網の漁師は、ノンビリ、余裕の3連休です。





















m.
[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-16 02:00 | ポルトガル文化 | Comments(0)
イースター・エッグ
聖金曜日。

何か描こうと思いましたが、そのままにしました。


d0113817_01475065.jpg


多くの受難を乗り越えて行くこと。コレですね。




















m.


[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-15 01:58 | ポルトガル文化 | Comments(0)
卵サンド
ゆで卵をパンにはさんでちょっと塩をふって食う。


d0113817_61692.jpg




食後に、裏庭でもうひと仕事です。


















m.
[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-14 03:26 | 生き物 | Comments(0)
決断
英断か、あるいは"like Turkeys voting for Christmas"か、そのうちに分かります。

もっとも、七面鳥ではなく、についての出来事です。

d0113817_5441357.jpg



毎日、1個ずつ増えています。
見た目、ニワトリの卵と同サイズですが、ちょっとホッソリしていて、白いです。
















m.
[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-13 02:05 | 生き物 | Comments(0)
ふつうの漁師
この後、定置網漁師は5日振りに沖に出て、定置網の無事を確認し、ハガツオ、スマ、サバ、イカ等をたくさん獲って帰って来ました。

d0113817_03303978.jpg


しかし、"彼ら"にとっては、5日連続の時化となりました。

























m.

[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-12 03:47 | 漁師 | Comments(0)
かけ算習いたての小学校低学年への例題
直ぐに思い浮かぶのが、「1個10円のみかんを5個と1個20円のりんごを3個買いました。全部でいくらだったでしょうか?」みたいなやつです。

これが、とても意味深長な問いであることに気が付きました。小学校低学年の子供らが、この例題から学ぶことは、かけ算のみならず、将来において"最も大切なこと"、即ち、経済について学ぶことになります。本当に、こういう意図で、学習指導要領にこういった例題を盛りこんでいるのであれば、日本の文部科学省を見直すことになります。逆に、"お金"を用いず、かけ算の例題を出すとしたら、どんなのがあるのでしょうか。「花が3つ咲いている鉢が5個、花が5つ咲いている鉢が4個あります。さて、全部で花はいくつ咲いていたでしょう?」。確かにこれではかけ算については学ぶことができますが、"最も大切なお金"については学ぶことができません。なるほど、日本人はこうして幼少の頃から経済のことを大切なこととして学ぶことになるのだ、と気付きました。

d0113817_5433419.jpg



4日連続の時化です。満月です。そして、復活祭となります。




















m.
[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-11 02:14 | ポルトガル文化 | Comments(2)
デフォルト
闇夜に波音だけが聞こえます。


d0113817_04523454.jpg




3日連続の東風による時化となります。



















m.
[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-10 01:07 | 気象 | Comments(0)
弁護士
彼との付き合いも、ハジメからですので、もう20年以上になります。

そんな彼が発した言葉は、今まで、一言も分からなかったのですが、今回はちょっとですが解ったような気がします。


d0113817_06102216.jpg


つまり、"人"は変わるということです。






















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-09 02:07 | ポルトガル文化 | Comments(0)
タイセイヨウマサバ
「大西洋のマサバ」のことです。よくノルウェーサバのことを"マサバ"と勘違いしている人がいますが、こちらが本物の大西洋のマサバです。



d0113817_05061041.jpg

特に日本の人には、"ゴマサバ"に見えるかもしれませんが、これが正真正銘の大西洋のマサバです。

何度でも言います。

これが、マサバです。

だから、美味いです。



















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-08 03:00 | | Comments(0)
イワシ
今年はEU内での話もまとまったようで、漁獲枠が増加されるそうです。その結果、ポルトガルでは7月31日まで合計で6,800トンのイワシを漁獲できるとのこと。"その1尾"に含まれるかどうかは分かりませんが、定置網にも入りました。


d0113817_05495674.jpg


学名 Sardina pilchards、 英名 European pilchard、 ポルトガル名 Sardinha、 和名 ヨーロッパイワシ、あるいはピルチャード。

"ネコ缶"にするほど獲れてはいないと思います。話は変わりますが、日本にいた頃は、どんな魚でも獲れ過ぎると飼料用に出荷されたとかよく聞きましたが、現在、ポルトガルではその様なことは一切ありません。確かに、昔はOlhãoにも飼料用の工場が存在しましたが、今はありません。

良質の魚粉をニワトリに与えたいのですが、それが出来ません。


















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-07 02:32 | | Comments(0)
先ずはアジを喰らう
ニシマアジとは「大西洋のマアジ」のことです。

学名 Trachurus trachurus、 英名 Atlantic horse mackerel、 ポルトガル名 Carapau-branco、です。



d0113817_05373119.jpg


いつもの年は、先ずサバからいただくのですが、思うところがあって、今年はアジにしました。刺身、たたき、焼魚、フライでした。サイズがよく、南蛮漬けは次回に持ち越しとなったようです。たぶん、今夜は皆んなひさびさのアジを喰らっていることと思います。

























m.


[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-06 02:23 | | Comments(0)
コルビナ 2017
今年は、先ず、コレでいきたいと思います。

学名 Argyrosomus regius、 英名 Meagre、 ポルトガル名 Corvina、 和名 オオニベ。


d0113817_05200133.jpg

41.5kgの個体でした。
かつてはいろいろなストーリーがありました。その分、未だに思い入れの強い魚種です。






















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-05 04:32 | | Comments(0)
漁師という特権階級について
結局は、経済的に自立していない、ということになります。

とても難しいことですが、"発展する"ことを目標とし、そのためによくないところは改善する努力をしますが、そこにどれだけの漁師が責任を持って考えて判断して行動しているかといえば、それは極少数の漁師に限られます。

しかし、そのマイナーなグループが、徐々にですが、数を増す兆しが見えてきています。

d0113817_5263969.jpg


この動きが、今までの常識を覆すことになる、史観的にも明らかです。























m.
[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-04 01:58 | ポルトガル文化 | Comments(0)
ジャックと豆の木
"ジャック"は、大きく育った豆の木にいささか興奮気味で、天辺に行ける日を楽しみにしている様子でした。

d0113817_671196.jpg



しかし、ウチには"金の卵を産むニワトリ"は要りません。ふつうの卵で十分です。



















m.
[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-03 02:36 | ワンズ・アイズ | Comments(0)
あまのがわぎんが
皆んな、集まっています。


d0113817_05105191.jpg


銀河系宇宙との対比は何においても無意味です。





















m.


[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-02 03:38 | 自然 | Comments(0)
黄金期
1514年、マヌエル1世がポルトガルの王様だったころのことです。

ローマ教皇レオ10世が即位した時に使節団を送り、たくさんの"盗品"ではなく、プレゼントを持って行った時のことが描かれています。


d0113817_04164432.jpg




これら品々の多さや珍しさには他のヨーロッパ諸国はたいそう驚き、ポルトガルは自国の富を世に知らしめることに成功したのです。

まさに、最高の時でした。





















m.



[PR]
# by mobulamobular | 2017-04-01 04:29 | ポルトガル文化 | Comments(0)
今年もそしていつまでも
実は何がしたいかというと、楽しいことがしたいのです。


d0113817_06200897.jpg



2017年が始まります。
























m.



[PR]
# by mobulamobular | 2017-03-31 03:23 | 定置網 | Comments(0)
閉塞感
臭いものに蓋とは、一時しのぎの方法で自分に都合の悪いこと隠すことを言います。

d0113817_05065592.jpg

先々のことを考えず、自分は何様のつもりでいるのでしょうか。
























m.

[PR]
# by mobulamobular | 2017-03-30 06:56 | 戯言 | Comments(0)
今も脳裏に
浮かびます。


d0113817_04344473.png


昨年5月の時化です。もうちょっと低気圧が下がって来て発達したら同じようになりそうです。

















m.






[PR]
# by mobulamobular | 2017-03-29 02:31 | 気象 | Comments(0)
3月をやり過ごすにあたり
中盤から後半にかけて、雨、時化の日が多かったように思います。

d0113817_04285608.jpg


漁再開前ですので、何てことありません。





















m.

[PR]
# by mobulamobular | 2017-03-28 05:06 | 気象 | Comments(0)
日曜の昼に残りものをのっけてラーメンを食う時
たかが1時間、されど1時間です。

携帯電話の"タイムゾーン"がレイキャビクになっていたのは知っていたのですが、レイキャビクはリスボンと同じGMT(グリニッジ標準時)と表示されていたので、そのままにしておいたのですが、今朝、一瞬、世の中が分からなくなりました。

つまり、アイスランドはサマータイムは実施しておらず、1年中、日本との時差が9時間なのです。

d0113817_03453738.jpg

これにより、軽い"時差ボケ"状態となり、朝未だ10時だと思ったらもう11時だったり、12時に昼食は早過ぎるような気がして13時まで待ったり、夕方そろそろ暗くなると思ったらもう1時間も明るかったり、今日1日"アイスランドのせいで"調子が狂いサマータイムに乗り遅れてしまいました。























m.

[PR]
# by mobulamobular | 2017-03-27 04:05 | ポルトガル文化 | Comments(0)