スレ網
基本的な作業です。



しかし、何度指摘しても巻く向きが、"反対"なのです。まぁ、やり易い方がよいですし、日本とポルトガル間では、例えば、車のハンドルの位置や通行区分(右側通行or左側通行)、「,=カンマ」と「.=ピリオド」など、反対のものはたくさんありますし、だからといって、さほど問題にはなっていないので、コレについても、好きにやらせています。

一方、最近になって"色"が着いて、進化しています。
■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-02-13 04:13 | 定置網 | Trackback | Comments(0)
サルコ作り
まだ、2月なので新漁季に向けての準備作業の様子も何となくノンビリしているように見えます。



今年も、焦らず、騒がず、定置網をベストのコンディションにするため、コツコツやって行こう、って感じです。
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-02-12 06:40 | 定置網 | Trackback | Comments(0)
登り運動場の修繕
道網に誘導されて魚が入ってくるところが、定置網の"登り運動場"となります。ここも網で囲っているだけのところですが、魚を箱網へと導く重要な役割を担っています。



長年の使用により、側張りに吊るす箇所に傷みが目立ち始めましたので、今回は登り運動場の上綱の交換作業を行いました。

















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-02-11 03:43 | 定置網 | Trackback | Comments(0)
とってもマイルドな冬
昨年がとっても寒かったので、今年がとってもマイルドな冬になっているようにも思います。これで、この2年間の平均気温は"例年並み"となります。



この自然の幅の中で、人はジタバタしています。















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-02-10 05:40 | 気象 | Trackback | Comments(0)
アグネス・チャン
それしか思い浮かびません。



ヒナゲシ(学名 Papaver rhoeas)です。ヨーロッパ原産、だそうです。ポピーとも呼ばれています。ポルトガル名は、"Papoila"となっていますが、誰も知らないと思います。














■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-02-09 05:49 | 自然 | Trackback | Comments(0)
Amendoeira
アーモンドの木は、ひと頃は、この時季になると辺り一面をピンク一色にするほどたくさんあったと聞いています。



ここには、花見の文化などはありません。主役は、花ではなく、実の方です。しかし、オレンジの方が儲かるとなって、アーモンドの木の多くが伐採されたとも聞いています。



















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-02-08 08:30 | 自然 | Trackback | Comments(0)
バルトロメウ・ディアス
東よりの風で時化模様でした。来週はカーニバル週間となりますので、河岸に漁師の姿はなく、4連休がスタートしたことになります。



"Bartolomeu"という船名の小漁師の船ですが、喜望峰を発見したポルトガル人の、あの「バルトロメウ・ディアス」にちなんで命名したものと思われます。













■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-02-07 03:43 | ポルトガル文化 | Trackback | Comments(0)
一致団結
今年が20年目の定置網漁師も、今年が1年目の新米漁師も、皆んな、今シーズンをよい年にしたいと思う一心で、力を合わせます。



支面材を交換するため、シャフトを抜いているところです。















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-02-06 05:53 | 漁師 | Trackback | Comments(0)
ポルトガルという国は
結局、2隻のアルガルベ定置網本船をポルティマンまで回航して上架したのですが、両者間では明暗を分ける結果となりました。



慣れない長距離の回航でしたので、1隻目は、船揚げ場への到着が、予定より1時間ほど遅れてしまったため、"当局から"ペナルティを要求されてしまいました。これについては、よい勉強と思い、請求額通り支払いを行ったのですが、他方2隻目は、予定時刻前にちゃんと到着したにもかかわらず、船揚げ場側の事情で、上架するまで2時間ほど待たされることになったのです。すると今度は、先述のペナルティの請求額と同額が戻って来ました。

クソ真面目、それとも、こすい。何れにせよ、意味不明です。





































■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-02-05 04:03 | ポルトガル文化 | Trackback | Comments(0)
航海王子
Infante de Sagres = エンリケ航海王子は、ポルトガルの大航海時代の立役者とされている人物です。

それを船首に描きたいという気持ちは分からないでもないです。



何れにせよ、"美しい国・ポルトガル"の象徴的偶像です。
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-02-04 05:45 | ポルトガル文化 | Trackback | Comments(0)
思えば遠くへ来たもんだ
思えば、30年の付き合いになります。



こういうのも、運命というのかもしれません。
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-02-03 06:25 | 定置網船 | Trackback | Comments(0)
船出
新たに、ひとりのニッポン人漁師が、出港しました。



今年はじめての、快晴の朝でした。


















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-02-02 03:10 | 漁師 | Trackback | Comments(0)
2016年2月1日
1月末になって、ようやく晴れの日が続くようになりましたが、相変わらず、湿度の高い状態となっています。



よって、今朝の気温も9.1℃、日中はちょっと動くと半袖でもOKでした。


















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-02-01 05:32 | 気象 | Trackback | Comments(0)
カフェ
ここに入った瞬間のウキウキ感が、皆大好きなんだと思います。



日本にはない生活空間です。
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-31 15:21 | ポルトガル文化 | Trackback | Comments(0)
月あかり
明かりは、うっすらの方が、気分がよいと思います。



にもかかわらず、もっと明るいのが望まれがちです。
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-30 08:16 | 自然 | Trackback | Comments(0)
食堂
この日の日替わりメニューは、Cozido à Portuguesa(ポルトガル風煮込み料理)と、オビレダチの焼き魚料理でした。




この二者択一は、シビれました。


















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-29 07:01 | ポルトガル文化 | Trackback | Comments(0)
イングリッシュ
ヨット置き場の従業員だと思ってポルトガル語で話しかけたら、"英語で話せ"、と言われてしまいました。



どっちでもよいことですが、ひさびさに英国人に出会った気分になりました。
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-28 03:15 | ポルトガル文化 | Trackback | Comments(0)
マカオ
"MACAU"は、1999年まで、ポルトガルの植民地でした。



ですから、中国との関係も、より親密なものがあります。
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-27 06:35 | ポルトガル文化 | Trackback | Comments(0)
青い雲
得てして、こういう時には、こういった珍しい現象に遭遇するものです。しかし、今日のは、この後が凄かったです。




雨が降ってきて、西陽が差し込んできて、運転中で写真が撮れなかったのが残念ですが、脳ミソのセンサーには焼き付きました。
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-26 04:51 | 気象 | Trackback | Comments(0)
ドンヨリ
よくいる"漁師生活50年"の漁師の半分も記録していませんが、現時点では、過去に例がないほど、曇天が続いています。



つまり、調子が狂っています。


















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-25 04:07 | 気象 | Trackback | Comments(0)
ポルティマン
オリャオンから西へ70kmほど行ったところにある、西アルガルベ(Barlavento)の中心地です。



ここは、全長100フィート以上のクルーザーが、バンバン上架されるところですので、定置網船が上架されても、特に目立つことはありません。

















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-24 04:59 | ポルトガル文化 | Trackback | Comments(2)
回航
初めて、母港・オリャオン以外の場所で、定置網本船を上架することになりました。



こちらは、アチラとは異なり、近代的設備が整っています。

でも、ちょっと残念な、今年の上架作業です。

















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-23 04:53 | 定置網船 | Trackback | Comments(0)
別世界
今日もせっせとお仕事ですが、極左政権がレストランなどにかかる付加価値税を、現行の23%から15%に引き下げる等、ポピュラリズムに走っています。何れにせよ、予算が国会で承認されればの話ですので、決定は、6月~7月になりそうです。



一方、銀行口座では、維持管理費という名目で、毎月、700円くらいが、"勝手に"引き落とされていますので、口座を解約せざるを得ない状況です。

他方、昨今、漁船はパソコンを積んで出港します。沖で漁獲をした時点で、何の魚を、どのくらい漁獲したかを、パソコンを通じて、即刻、中央へ報告しなければなりません。そして、市場での実際の水揚量と10%以上の違いが合った場合、3万円くらいの罰金を支払わなければなりません。「アジを100kg」と報告したところ、実際には、89kgだったり、111kgだった場合のことです。こういった事態を回避するのは、ほぼ不可能な話ですので、はなっから中央の目的は、罰金を科すことにあると思われます。明らかに、正直者がバカを見るシステムとなっています。

大方の見方では、近いうちに、再び政権はひっくり返ると思われていますが、それで足りるとは思っていません。




















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-22 05:11 | ポルトガル経済 | Trackback | Comments(0)
スケール
丘に持って帰ってくると、ずいぶんと大きく見えるものです。




この感覚の相違が、いつまでたっても理解されない漁師の所以のように思います。


















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-21 08:41 | 定置網 | Trackback | Comments(0)
暖冬
やっぱり、暖かいです。冷え込みがありません。



留守中も雨がちな天気だったようですが、明日も降水確率が90%となっています。

注) ここでは"雨がちな天気"といっても、一日中雨が降るわけではありません。ドンヨリ曇って、時々、ポツポツ、ちょろちょろっと雨が降ることです。















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-20 04:58 | 気象 | Trackback | Comments(0)
エスプレッソ
え〜と。



"マグカップ"で、出てきました。違いは、味だけではありませんでした。

「母国」での話です。




















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-19 04:49 | 出張 | Trackback | Comments(0)
リスボン上空から
経由地のフランクフルトは雪。離陸前、飛行機の"雪かき"で1時間ほど遅れてリスボン着でした。



相変わらずのドンヨリ天気に、帰国の喜びも半減です。ちなみに、荷物はロストでしたが、午後の便で到着しました。




















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-18 04:14 | 出張 | Trackback | Comments(2)
首都高
トウキョウに戻って来てホッとするのですが、首都高速をしばらく走ると、再び、"不安"になります。



35年前と、ほとんど変化はありません。

さて、そろそろ帰ります。




















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-17 00:01 | 出張 | Trackback | Comments(0)
蒲郡
愛知県蒲郡市の竹島です。




沖の船は、自動車運搬船と思われます。ここに来たのは、15年ぶりです。前回来た時には、アルガルベ定置網本船が、別の"船"の上に載せられて、一路ポルトガルを目指して出港して行きました。




















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-16 15:54 | 出張 | Trackback | Comments(0)
富士山 2
どうしても、写真を撮りたくなります。



アルガルベにも分けてもらいたいくらいの空でした。





















■  [PR]
# by mobulamobular | 2016-01-13 23:06 | 出張 | Trackback | Comments(0)