うっすらと朝日を浴びた水から揚がったばかりのヤリイカ


その斑模様。



そして、その眼。



これは、"鮮度"とは別の話です。




















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-05-28 04:23 | | Trackback | Comments(0)
キツネガツオ
これは、方言ですが、別にも"ホウサン"などと呼ぶ場合もあります。



随分と大きくなりました。今では3~4kgものが、バンバン揚がっています。
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-05-27 04:36 | | Trackback | Comments(0)
ジェット噴射
鋭い目つきで、こちらを睨みつけ、ホバリングして、じっとしているかと思うと、いきなり走り始めます。



学名 Sepia officinalis、 英名 Common Cuttlefish、 ポルトガル名 Choco-vulgar、 和名 ヨーロッパコウイカ 。



イカは、軟体動物で、脊椎動物の魚類とは異なりますが、ここでは、あえて魚のカテゴリーに入れています。イカも魚類同様、エラ呼吸をしていますが、イカのエラは外套膜の中にあります。ですから外套膜の中はいつも海水で満たされています。時に、漏斗から勢いよく、「ジェット噴射」のごとく、外套膜内の海水を吐き出し、スーッと逃げて行きます。ちなみに、イカ墨も、この漏斗から発射されます。



















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-05-26 06:04 | | Trackback | Comments(0)
継続は力なり
今年も継続して行っています。マンボウの行動追跡調査です。





"活きのよい"個体を選んでデバイスを装着します。



















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-05-25 02:31 | マンボウ | Trackback | Comments(0)
ベイビー・シャーク
5月とはいえ、例年になく、ヨシキリザメが多く入網しています。

この日も、生まれて間のないと思われる、全長60~70cmの個体を定置網内で発見。救助隊が出動し、無事、大海原に戻って行きました。





むんずと掴んで、ポイ、です。
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-05-24 03:25 | サメ・エイ | Trackback | Comments(0)
Balistes capriscus
最近、透明度が良好です。




学名 Balistes capriscus、 英名 Grey triggerfish、 ポルトガル名 Peixe Porco、 和名 ネズミモンガラ。




定置網のことが、"大好きな"魚の1種です。




上の写真、バックは"トビウオ"です。

















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-05-23 03:36 | | Trackback | Comments(0)
うに
2~3年前の"夏"に撮った写真です。

学名 Paracentrotus lividus、 英名 Purple sea urchin、 ポルトガル名 Ouriço-do-mar、 和名 ヨーロッパムラサキウニ、だと思われます。



網抜き作業の際、網と一緒になって定置網船に上がって来たものです。アルガルベ定置のある海底は砂地です。潮に流されて来たのか、自力で海底を這って移動して来たのかは、不明です。

ポルトガルでは、ほとんど食用としての需要はありませんが、スペイン業者が買い漁っているという噂も耳にしています。
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-05-22 05:14 | 生き物 | Trackback | Comments(1)
小舟
小さな船には、厳しい5月となっています。連日の東よりの風。沖では南東風が吹き、アルガルベでは波の高い日が多くなっています。そんな中、出港しているのは、定置網船の他、15m以上の船や脚の速い船など、限られた船になっています。



この船は、沖に出たら、あの小さなラインホーラーが唯一の漁師の"力"となるのでしょう。


















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-05-21 04:50 | 気象 | Trackback | Comments(0)
DGRM
ポルトガル水産局のことです。そこの入り口です。昔は、ここに立つと、ちょっとは緊張したように思い出されますが、今では、何も感じません。



それにしても、このロゴのデザインはシンプルで、きれいで、よいと思います。ポルトガル人は、こういうの"だけ"は、早くて上手です。水産局も、今まで、諸官庁の統合や再編成が繰り返され、何度も名称が変更されています。よって、中身もちょっとずつよくなっていると思われます。

現在は、"DGRM (Direção Geral de Recursos Naturais, Segurança e Serviços Marítimos)"、となっています。















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-05-20 03:12 | ポルトガル文化 | Trackback | Comments(0)
パノラマ写真
の、出来損ない、です。というか、ワザとです。"地べた"がゆっさゆっさ揺れている船の上では、「パノラマ写真」が撮影できません。





逆に、どんな写真が撮れるか、楽しみです。

上の写真をクリックして、大きくして見るとよいかもしれません。
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-05-19 02:25 | 定置網 | Trackback | Comments(0)