GPSプロッター魚探
ずいぶんと、コンパクトになったものです。GPSプロッターと魚探が一体化し、さらに水温計までついて、おまけに、船速なんか"km/hr"表示です。"ノット"に慣れてしまっているので、船速を時速何kmと言われてもピンと来ませんが、特に問題はありません。




さて、この日の水温は"17.93℃"でした。この時季にしては、若干高めのように思いましたが、この後、西よりの風がやや強く吹き、水温も下がっています。

















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-04-28 03:21 | 気象 | Trackback | Comments(0)
Sardina pilchardus
先日の、地元巻き網船問題ですが、船主さんと話し、無事、めでたく示談が成立しました。

巻き網船の船長も同席し、事情を説明してくれました。イワシが獲れない現在、アジ狙いで定置網に接近したそうです。

以前に、イルカの記事でもちょっと述べましたが、近年、イルカ・クジラ類の数は増加し、イワシ・カタクチイワシの数は激減しています。このことは、定置網で漁をしていての印象です。この現象に、どのような因果関係があるかについては、何の科学的説明はなされていません。



定置網にもイワシは入りますが、網を絞り込むと、最終的には網の外へ出て行ってしまいます。それでも、"不運な"イワシが少量残って、水揚げされます。売ることはなく、漁師の夕飯のオカズになります。


学名 Sardina pilchards、 英名 European pilchard、 ポルトガル名 Sardinha、 和名 ヨーロッパマイワシ 。


それでも、巻き網船では、時々イワシの群れに当たるそうです。しかし、現在、ポルトガルでは、"資源の減少"を理由に、一船の一回の漁で、イワシは1トン以上水揚げしてはいけない規制がなされているそうで、結局、漁獲できないのです。

しかし、市場では外から入ってきたイワシが大量に出回り、苦労して獲ったイワシの浜値は安く、地元漁師にとっては不利益ばかりの状況となっています。

こんなことだから、地元漁業は衰退するのですが、このストーリーには、実はとても意図的な話が多く含まれます。













■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-04-27 05:04 | | Trackback | Comments(0)
心ひとつ
シーズン本番を向かえつつあります。

定置網漁師は、「心ひとつ」です。



しかし、"支え"は、各自各様です。



彼らを必要とする人たちは、静かに丘で彼らの帰りを待っています。


とは言え、そんな大袈裟なことではなく、今晩のオカズとなる魚の種類を早く知りたいだけ、だったりします。
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-04-26 04:20 | 定置網 | Trackback | Comments(0)
副船頭
彼はキャプテン(船頭)です。今年から、"副キャプテン"のポストを設けました。理由は、彼の負担を少しでも軽減するためです。



できれば、もう一人、彼の右腕となって働く若い奴が早く育ってくれればと思っています。

候補者は、たくさんいます。















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-04-25 04:09 | 定置網 | Trackback | Comments(0)
MARUHA
なんで、こんな名前を船につけるのだろうかと考えてしまいます。



"全世界へ食の喜びを届けるため"なのでしょうか。

そのためには、"何でもあり"、みたいなやり方は直に終わると思います。


















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-04-24 03:37 | マグロ | Trackback | Comments(0)
ハガツオでも食うか
よい季節になりました。

ハガツオは、昨年後半から小さな個体(500gほど)が多く入り、その傾向は今年になっても続いていたのですが、ここに来て、ようやく本来の大きなサイズのものが入り始めましたので、1尾、"試食"してみることにしました。



その前に、卸さないと。
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-04-23 04:20 | | Trackback | Comments(0)
情報
つくづく、「情報」というものは、他人から与えられるものではなく、自分で選るべきものだと思う、今日この頃です。このブログをはじめ、いい加減な「情報」が氾濫している世の中ですので、正確な「情報」を見極めることが大切です。

一方、もともと、世の中に「情報」を提供することが仕事のはずのところの「情報」が、ごくごく疑わしいことが多くなっているようにも感じています。

例えば、地球温暖化の議論が始まって以降の天候に関する情報は、何を目的としているのか分かりませんが、空想合戦の様相を呈し、真実が見えにくい状況になっています。



また、新聞・テレビなどの大手メディアは、すでに権力側に居座り、「情報」によってのコントロールではなく、「情報」そのものをコントロールする(これをウソという)ようになってしまっていると思います。


さて。また、南東風です。波が高くなっていますが、今回は1日で済みそうです。
今年に入って、ずっと"正"の値を示していたNAOが、ここに来て、"負"に転じる様子です。これが何を意味するかは、"自分で"考えることにします。




















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-04-22 04:58 | 気象 | Trackback | Comments(0)
地元巻き網船
最近は、なぜか、以前のようにイワシが思うように獲れません。そのせいでしょうか、地元巻き網船が、定置網近辺で操業することが多くなっています。つまり、定置網が人工魚礁のように機能しており、近辺には魚が集まってきていることを、彼らは知っているのです。それを狙う訳です。



一応、定置網免許枠内での他船による操業は禁止されているのですが、四六時中監視している訳でもなく、その点は、彼らの良識に委ねられています。

しかし、事故が起こりました。急潮、接近し過ぎ、機械の故障などの理由が重なり、定置網に網を引っかけ、定置網のロープを5〜6本切断して、とんずらしました。

逃げたところで、「地元巻き網船」ですし、網を残していますので、次の朝には、どの船の仕業か早々にバレています。これから船主さんと話をしなければなりません。願わくは、"日本人好みの"誠意を見せてくれれば、と思っています。

















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-04-21 05:02 | 定置網 | Trackback | Comments(0)
人間は考える
"人間は考える葦である"は、いつも天気予報でお世話になっている圧力単位の"パスカル"の名のもとになってるフランス人の自然哲学者・ブレーズ・パスカル氏の言葉です。

この意味、よく分からないのですが、人間に対して肯定的なのか、否定的なのか、です。



"欲望"が、唯一、彼らのと違いです。

人間は、"空想"の世界に生きています。しかし、本当は、"現実"しかないのです。ですから、もうご都合主義はやめにしたら、と思います。


















■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-04-20 05:39 | 戯言 | Trackback | Comments(0)
せっかち
個人差はあるにせよ、年をとると、忘れっぽくなります。理由は、よく"理解"しているつもりですが、何かやっている時に、いつも他のことを考えてしまっているのです。ですから、風呂から上がろうとすると、"アレ、シャンプーしたっけ"とか、湯呑みを見た時、"薬飲んだかな~"とかいうことになってしまいます。



つまり、より"人間っぽく"なっていると思うのですが、忘れることを嫌がるために、より「せっかち」になってしまいます。

若い奴らに、アレしろコレしろと、矢継ぎ早に注文つけて、"こいつはなんてせっかちな奴だ"と思われているかもしれませんが、実は、今言っておかないと、後では忘れてしまうので、思いついた時に言っているだけなのです。


時は永遠なり、の若造には、そんなこと解る術もありません。

そして、若造の後先考えない勝手な行動にも腹が立ってしまいます。「せっかち」なので、先が見えてしまうせいです。























■  [PR]
# by mobulamobular | 2015-04-19 03:07 | 戯言 | Trackback | Comments(2)