冷夏の証明
今年は冷夏、といっても、何か指標になるものがなければいけません。



そこで水温です。上のグラフは、1996年から今までの月別平均表層水温をまとめたものです。縦軸は水温(℃)、横軸は月です。特に比較のために、昨年(2013年)は黄色、今年(2014年)は赤いラインになっています。

で、今年の8月の水温ですが、見事に記録的低水温だったことが分かります。これが、今年の「冷夏の証明」です。

さて、9月はどんな感じになるのでしょうか。














■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-09-03 04:29 | 気象 | Trackback | Comments(0)
巨大マンボウ
全長 235cm、 体高 125cm、 背鰭先端から臀鰭先端まで 270cm。 ひさびさの「巨大マンボウ」でした。



注目したのは、サイズが巨大であることのみならず、"頭部が隆起し、舵鰭の波型がほとんどみられない"、でした。つまり、これが、あの注目の"ウシマンボウ"ではないか、と期待が膨らんでいます。














Tags:# 
■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-09-02 06:12 | マンボウ | Trackback | Comments(0)
ソウダガツオ
まだ、着ません。



1.5kgの個体です。




















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-09-01 08:44 | | Trackback | Comments(0)
SHARKS
昨年、南アに行った時の土産でした。



ことのほか不人気で、もらい手がありませんでした。


















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-08-31 07:44 | サメ・エイ | Trackback | Comments(0)
夏といえば
こういうことになります。夏の水辺の開放感は、夜通し酔わせてくれます。




それでも、フィニッシュに至る前に、無情に夜明けを迎える時もあります。



8月が一番苦手です。

















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-08-30 06:51 | 戯言 | Trackback | Comments(0)
日本人のお客さん
当然、日本から来る「日本人のお客さん」は、その日来て、その日のうちに帰るということは、まずないので、現場案内の他、昼飯だったり、夕飯だったり、時にはその双方につき合うことになります。



ようするに、こちらにとっては外食することが仕事になるのですが、もうこの歳になると、連続で「日本人のお客さん」が来た時などは、この上ないハード・ジョブになってしまいます。でも、こんなことは口が裂けても相手には言えないことです。


















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-08-29 07:58 | 定置網 | Trackback | Comments(4)
MOZZARELLA DI LATTE DI BUFALA
"知り合い"が、イタリア経由でポルトガルに来た際、買ってきてくれた「水牛のモッツァレラ・チーズ」と、庭でとれたイチジク、他の2コーナーには生ハムとオリーブの実があったのですが、すでになくなっています。



"我が家の夕食,こんな粗食じゃあありません。お間違えの無いように。ちゃんとこれ以外にも・・・・。
ご心配をかけるような写真ですが,こういう変な「構図」は「パロディ的」かなと撮っただけですので。くれぐれも外国で食べるものも無く苦労しているんだなあ,なんて同情しないで下さい。"


また、100% パクリ、です。


















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-08-28 05:01 | 戯言 | Trackback | Comments(0)
Fuseta
大西洋から見た南ポルトガルの海岸線です。中央が、"Fuseta"の街になります。この景観は、なんとなく、地球のスケールを感じとれるような気がしていて、嫌いではありません。



"Fuseta"もOlhão以上にローカル色が強く、とても血の濃いところだと思っています。悪く言えば、とても排他的な地域です。20年が経ようとしている今、ここで市民権を得つつある、ユーラシア大陸果ての定置網、です。
















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-08-27 06:09 | 定置網 | Trackback | Comments(0)
我慢のしどころ
毎日、楽しい漁生活はずが、我慢を強いられる局面を向かえています。水温もやっとこさ20℃まで上昇しましたが、再び16~17℃付近です。ソウダガツオもちらほら見え始めていましたが、また、いなくなってしまいました。



学名 Scomber colias、 英名 Atlantic chub mackerel 、 ポルトガル名 Cavala、 和名 タイセイヨウマサバ 、です。 


















■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-08-26 07:35 | | Trackback | Comments(0)
マンボウの産卵場所
もう、とうに慣れましたが、あんだけたくさんのマンボウが一気に定置網に入るのは異常なことです。よって、必ず近くに「マンボウの産卵場所」があるはずです。



マンボウは、魚類の中では1番多くの卵を産むと考えられており、その数は3億個以上だそうです。

べつに、「マンボウの産卵場所」が分かったからと言って、入網数が減ったり、卵の数が少なくなったりする訳ではありませんが、どうにかして、その場所を突き止めたいと思っています。

個人的には、カディス湾内がその場所だと思っています。どうでしょうか。



















Tags:# 
■  [PR]
# by mobulamobular | 2014-08-25 06:28 | マンボウ | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >